ホーム「スパイウェア」「電子メール詐欺(フィッシング詐欺)」による不正取引にご注意ください


 最近、インターネットバンキングで「スパイウェア」と呼ばれるソフト等および電子メール詐欺により、複数の金融機関で不正な取引が発生している旨報道されております。 当金庫では、不正な取引は発生しておりませんが、インターネットのご利用につきましては、以下の点に十分注意されご利用されますようお願いいたします。

◆スパイウェアとは
パソコンから入力された各種暗証番号等の重要情報を、お客様の知らないうちにインターネットを介して盗み取る不正ソフトの総称です。スパイウェアのおもな感染(侵入)経路は、次のとおりです。
 ・電子メールの添付ファイル、フリーソフトのダウンロード、特定のWebサイトの閲覧 等

    ●スパイウェアの詳細はこちらから

◆フィッシング詐欺とは
金融機関等の名前を装った電子メールを送信し、当該金融機関に似せた「偽りのホームページ」に誘い込んで、お客様のログインID・口座番号・暗証番号等の重要情報を詐取し、不正利用するものです。

    ●フィッシング詐欺の詳細はこちらから


ご注意
1.スパイウェアの感染(侵入)を防ぐために
・心当たりのない電子メールの添付ファイルは絶対に開かない。
・出所の不確かなフリーソフト等は安易にインストールしない。
・不審なWebサイトへはアクセスしない。

2.ウィルス対策ソフトの導入
万が一の感染に備えてウィルス対策ソフト等を導入し、常に最新の状態にアップデート(更新)されることをお勧めします。

3.暗証番号の定期的変更
インターネットバンキングでご利用いただく暗証番号は、定期的にご変更願います。
(※当金庫のインターネットバンキングでは、振込みの際に固定化していない暗証番号入力としており、容易に暗証番号がわからない方式をとっております。)

4.フィッシング詐欺を防ぐために
当金庫では、電子メールを用いて暗証番号等の重要情報をお客様に照会したり、お知らせしたりすることは一切ございません。
不自然な電子メールを受信された場合は、暗証番号等の重要情報を回答されたり、電子メールからリンクされた虚偽のホームページへ入力されたりしないように十分ご注意ください。
万一、当金庫を装った不自然な電子メール等を受信した場合には、直ちにお取引店舗までご連絡ください。