HOME

個人のお客様

法人のお客様

お問い合わせ

サイトマップ

文字サイズを小に変更する
文字サイズを中に変更する
文字サイズを大に変更する

預金保険制度についてのご案内

 金融機関が破たんした場合、預金保険制度により、当座預金や利息のつかない普通預金は「決済用預金」として全額保護され、定期預金や利息のつく普通預金などは1金融機関につき預金者1人当たり、元本1,000万円までとその利息等が保護されます。
●預金保険対象商品と保護の範囲
  預金等の分類 保護の範囲
預金保険の
対象預金等
決済用預金(※1) 当座預金・利息の付かない普通預金等 全額保護
一般預金等 利息の付く普通預金・定期預金・定期積金・元本補てん契約のある金銭信託(ビッグ等の貸付信託を含む)等 合算して元本1,000万円までとその利息等を保護
1,000万円を超える部分は、破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。(一部カットされることがあります。)
預金保険の対象外預金等 外貨預金、譲渡性預金、無記名預金、架空名義の預金、他人名義の預金(借名預金)、元本補てん契約のない金銭信託(ヒット等)、金融債(保護預り専用商品以外のもの)等 保護対象外
破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。(一部カットされることがあります。)

※1「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3要件を満たす預金です。

※同一預金者が、1つの金融機関に複数の定期預金等を持っている場合は、それらの残高を合計(「名寄せ」といいます)して、元本1,000万円までとそのお利息等が保護対象となります。法人の場合、本社・支店・営業所等がまとめて1預金者として名寄せされます。

※預金保険制度の詳細につきましては、各機関のホームページをご覧ください。
金融庁ホームページ 預金保険制度: http://www.fsa.go.jp/policy/payoff/index.html
預金保険機構ホームページ 預金保険制度の解説:http://www.dic.go.jp/shikumi/kaisetsu/index.html
お客さまサポートセンターのご案内
地域密着型金融
地域貢献活動
J-Debit
ディスクロージャー
よくあるご質問

鹿沼相互信用金庫

copyright (C) 2014 Kanumasogo Shinkin Bank. All right reserved.

鹿沼相互信用金庫 登録金融機関:関東財務局長(登金)第221号